ブログネタ
日記です に参加中!
こんにちは、らいぱちです。

先週末は岩手県で小旅行を予定していましたが、諸般の事情で中止になりました。

久しぶりに気分転換したかったのですが残念です…。泣


さて、巷では小室圭さんと眞子さんの結婚の話題で持ちきりですね。

小室家には様々なな疑惑があり、多くの国民が心配する中、昨日、小室圭さんがニューヨークの司法試験に落ちたとの報道がありました。(本当に話題に事欠かない人ですね。)

一般人になったとはいえ、生活コストの高いニューヨークで、元皇族の女性が安心して生活できる環境を整えられるのでしょうか?

司法試験の結果が出てから結婚した方がよかったと思うのですが、それともまさか、合格できないのが判っていたので先に結婚した…?

こうして新たな疑惑が生まれ、国民の不信感はますます高まるのでした。


1.仮想通貨市場で高まるインカムゲインニーズ

さて、皆さんは仮想通貨を保有していますか?

※「無料で仮想通貨をゲットする方法」はこちら


私はビットコインを中心に3種類ほど保有しています。

最近は長期的な値上がりへの期待に加え、複雑な税制がハードルとなっているため、仮想通貨を短期トレード目的で保有するのではなく、長期で保有する方が増えています。

株や債券は配当や利息による収入を得られるのに対し、通常、仮想通貨は持っているだけでは収入は得られません。(そういった意味でも、仮想通貨はゴールドに近い側面があります。)

しかしながら、日本でもコインチェック等、一部の取引所がレンディングサービスを開始しており、保有する仮想通貨からインカムゲインを得る方法が人気になりつつあります。


2.レンディングとは

レンディングとは、取引所を通じて自分が保有する仮想通貨を貸し出し、期間や数量に応じた利息を得るサービスのことです。

サービスを提供する会社によって異なりますが、1~5%程度の高い金利収入が得られます。

貸株や定期預金に近い仕組みであり、貸出期間中は仮想通貨を引き出したり、売却することはできませんが、預金よりもはるかに有利です。

但し、取引所がハッキング等の被害を受けたり、倒産した場合、貸し出した仮想通貨が戻って来ないリスクはあります。


3.実際にレンディングをしてみた感想

私はコインチェックでレンディングサービスを利用しています。

コインチェックの場合、貸し出す期間が長くなると金利も高くなります。

(1)14日:1%、(2)30日:2%、(3)90日:3%、(4)180日:4%、(5)360日:5%

〈補足〉現在、コインチェックでは、(1)14日:1%、(2)30日:2%、(3)90日:3%のみ受け付けています。(2021年10月30日時点)


手続きは非常に簡単で、以下の3ステップでレンディングサービスを利用できます。

①貸仮想通貨のアカウントを作る。(コインチェックの場合はマイページから申し込めます。)

➁取引アカウントから貸仮想通貨アカウントへ仮想通貨を移す。

③貸し出す数量と期間を選択する。


但し、申請をすればすぐに貸し出しが始まる訳ではありません。

取引所の承認(依頼)後から貸し出し開始となりますので、承認待ちが続く場合もある様です。

特に、(2)30日:2%、(3)90日:3%を選択すると、なかなか取引所から承認(依頼)されない様です。

私はレンディングを始めて約1カ月になりが、実績として(1)14日:1%だと1週間以内に承認されましたが、それ以外はいまだに承認されていません。

1%でも十分に高い金利ですから、(1)14日:1%で回した方が得策かもしれませんね。


4.おわりに

現在、レンディングのニーズが高まっており、各社、金利は低下傾向にある様ですが、それでも十分魅力的な水準と言えます。

金融機関で働く身としては、レンディングの金利は脅威ですね…。

店舗を維持する必要が無い分、金利を還元できるのでしょうか?

良くも悪くも、仮想通貨は既存のビジネスを根底から覆す可能性があります。

複雑な気持ちではありますが、将来を見据え、リスク許容度の範囲内で仮想通貨への投資は継続していきますし、保有する仮想通貨を有効活用したいと考えています。




投資信託ランキング

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村